ぱるる情報局

AKB48を卒業した”ぱるる”こと島崎遥香と仲良しメンバーのまとめサイト

    小嶋陽菜

    955: 名無しさん@実況は禁止です 2013/12/11(水) 18:10:12.40 ID:RI2pR66vi
    RT @kojiharunyan: ぱるるとごはん❤️
    no title
    https://twitter.com/kojiharunyan


    【にゃんぱるキタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*】の続きを読む

    191: 名無しさん@実況は禁止です 2013/10/23(水) 04:07:54.03 ID:vcUx0w3T0
    AKBこじはるらTSUTAYA30周年感謝祭キャラクターに
    http://www.oricon.co.jp/news/music/2029996/full/

    193: 名無しさん@実況は禁止です 2013/10/23(水) 04:18:12.71 ID:AV8sgMDJ0
    人気アイドルグループ・AKB48小嶋陽菜(25)らが、『TSUTAYA30周年 冬の生誕大感謝祭』キャンペーンのメインキャラクターに決定したことが22日、わかった。AKB48の新曲「ハート・エレキ」(30日発売)で初センターを務める1期生こじはる、8月の東京ドーム公演で研究生からチーム4に昇格した14期生・小嶋真子(16)、岡田奈々(15)の3人が起用された。

     感謝企画第1弾は、AKB48のDVD/Blu-ray『AKB48 2013 真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~』(12月18日発売)のTSUTAYA購入者特典として、『48グループ全劇場で使える。劇場招待券』を抽選で10名にプレゼント。海外を含む全劇場(交通費は自己負担)を対象に、希望する劇場に1公演限定で招待される(公演初日、千秋楽、卒業公演、生誕祭などを除く)。

     さらに、対象店舗での購入者先着9000名(予約者優先)には、前出メインキャラクター3人のAKB48スペシャルカードいずれか1枚をランダムで進呈(各メンバー3000枚)。カードに記載されたシリアルコードをGREEのソーシャルゲーム「AKB48ステージファイター」で入力すると、ゲーム内で使用できる3人の限定Sゴッドカードを1枚選んでゲットできる。

    【TSUTAYA30周年感謝祭キャラクター小嶋陽菜に小嶋真子、岡田奈々】の続きを読む

    ぱるるも今までこんなキチガイに絡まれまくったんだろうなぁ。・゚・(ノД`)・゚・。 

    778: 名無しさん@実況は禁止です 2013/10/21(月) 06:39:32.37 ID:zXunbta30
    小嶋さんが握手会で脅されてる可愛そう


    *気の弱い人は開かないで下さい

    780: 名無しさん@実況は禁止です 2013/10/21(月) 07:04:14.54 ID:kIIhhwIB0
    >>778
    ・・・

    782: 名無しさん@実況は禁止です 2013/10/21(月) 07:19:51.62 ID:SC3RlU5N0
    >>778
    にゃんも大変だな…
    こういうまったく訳のわからない理由でキレられてもどうしようもないのに
    ガチの精神病の人だな
    【【マジキチ】昨日の握手会でこじはるに暴言→動画アップ【閲覧注意】】の続きを読む

    1 :名無しさん@実況は禁止です:2013/09/24(火) 05:35:21.24 ID:TgVdZrHZ0
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130924/akb13092405040000-n1.html
    国民的アイドル集団、AKB48が出演するアサヒ飲料の缶コーヒー「ワンダ モーニングショット」の新CM「朝は、赤!」編が、24日から全国でオンエアされる。
    登場メンバーは大島優子(24)、柏木由紀(22)、小嶋陽菜(25)、島崎遥香(19)、高橋みなみ(22)、横山由依(20)、渡辺麻友(19)の豪華7人。

    24 :名無しさん@実況は禁止です:2013/09/24(火) 06:07:39.19 ID:evMk3QF5O
    >>1
    1枚目の画像のぱるるがビックリしてて可愛い

    230 :名無しさん@実況は禁止です:2013/09/24(火) 09:18:51.65 ID:4qp+daDl0

    まゆゆとぱるるが2回か

    2587444

    【WONDA新CMキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!】の続きを読む

    このページのトップヘ