0S


(前略)

AKB(秋葉原)、SKE(栄)、NMB(難波)、HKT(博多)、NGT(新潟)に続き、国内6番目となるSTU48。ほかのグループと違う魅力を尋ねると、「自分たちではあんまり感じてないんですけど、周りの方によく言われるんです、瀬戸内らしい素朴な感じが出てるって。なにより、メンバーの方言がすごい! みんないろんなところから来てるので、たまに何語やろって思う(笑)。『なんとかじゃけ!』とか方言が全く抜けてなくって」(薮下)

「方言かわいいですよね。私は淡路島なんですけど生まれは千葉県なんで、家では標準語だから。メンバーが『~じゃなかと?』とか『どげん』とか言ってると、うお~ってなる(笑)」(門脇)

そして今春、いよいよ活動拠点となる船上劇場「STU48号」が完成予定。瀬戸内海それぞれの県に着港し、歌とダンスの公演を開催していくという。22日に公開された『風を待つ』のカップリング曲『出航』MVの舞台にもなっており、期待は膨らむばかりだ。

「いよいよです。自分たちが船上で歌って踊ってるのを想像するだけでワクワクしますね」(門脇)

「全く想像がつかないから、すごい楽しみ! 船酔いは怖いけど・・・(笑)。船だからこそできることもいっぱいあると思うので、観光スポットのひとつになってほしいですね」(薮下)



続き・全文はこちら
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00010000-lmaga-musi