0O


 アイドルグループ・AKB48岡部麟(22)が17日、都内のTOKYO DOME CITY HALLで初のソロコンサート『もしも~し!りんりん推しでしょ!?』を開催した。アンコールで「ハート型ウイルス」を歌唱中、本人にもサプライズのゲストで憧れの小嶋陽菜が登場し、岡部は顔をクシャクシャにして号泣した。

 トロッコに乗って会場を回り、「ハート型ウイルス」のせりふを話すところで、ステージ上のこじはるが“乱入”し「リンちゃーん」「なんだか私、麟ちゃんのこと好きみたい」と呼びかけ、岡部はトロッコの上で目をまんまるにして驚いた。小嶋から「一緒に歌おう」と手招きされ、一緒に歌うと顔をクシャクシャに。こじはるから頭をぽんぽんされ、「ソロコンサートおめでとう」と祝福されると、感激して涙をこぼした。

 岡部が「なんでいるんですか?」と泣きながら聞くと、小嶋は「頑張ってるって聞いたから。お手紙を頼まれたんだけど、来たほうが早いかなと思って」とこじはる節。AKB48グループは12日から8日間連続で全15公演を同所で行うが、岡部は自身がキャプテンを務めるチームA単独(12日昼)、チーム8単独2公演(14日朝、夜公演)に続き、4公演目の出演に。それが初のソロコンサートとあり、重圧を感じていたようで、こじはるから「4公演大変だったね」と労われると、「なんで1週間に4公演あるんですか」と愚痴りながらさらに涙した。

 岡部はこれまでに4度、シングル選抜歴があるが、「唯一悔しかったのが、小嶋さんと一緒に選抜メンバーとして歌うことができなかったのが本当に悔しくて。でも、こうして自分のソロコンサートで同じステージに立てて、夢がかなって本当にうれしいです」と感激しきり。こじはるがステージを後にすると、「バクバクしてる。びっくりした~」と興奮さめやらぬ様子だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000379-oric-ent