0O


 元AKB48で女優の大島優子(30)が8日、東京・Bunkamuraシアターコクーンで、舞台「罪と罰」(2月1日千秋楽)の会見に主演の俳優・三浦春馬(28)らと共に出席。演出家の英語による指示の理解度が「7割」であることや、3年ぶり3度目の舞台の稽古中に行き詰まって悔し涙を流したことを明かした。

 2017年の夏に芸能活動から離れ、米国に渡航していた大島にとって、今作は帰国後初の舞台となる。海外の経験が役立っているかという質問を受けると「うーん。役立っているんですかね」と考え込みながら約1カ月の稽古を振り返った。

 稽古では、舞台を手掛ける英国出身フィリップ・ブリーンの英語指示が飛び交う。英語理解度については、「半分、いや6…、7割と言っておこうかな。それくらいしかわからなかった。本人の口から演出を理解できるようになったのは、いい経験になった。わからないところがあったことは、語学は広くて深くて一生終わらない勉強だと思えた」と手応えと共に語学の奥深さを実感。三浦は「だいだいわかっていた」と太鼓判を押した。

 今作はロシアの文豪・ドストエフスキーの同名小説を舞台化と傑作に挑戦する。

 初共演となった三浦が「(大島が)演出家の求めることをうまくできない瞬間があり、彼女は感極まってしまった。『僕たちも頑張らないと』と思わせてくれた。素敵な方」と舞台裏を告白。3年ぶり3度目の舞台とあって、うまくできないこともあったという大島は、「悔しくて一歩がでなくて“ハ~”となった」と認めた。

 
続き・全文はこちら
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000107-dal-ent