0M


11月13日の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系) では、「第2の○○と呼ばれた女の悲しい現実SP」をテーマに水沢アリー、元AKB48西野未姫らがトークを展開。“第2のまゆゆ”と呼ばれていた西野に対して、本家・渡辺麻友がクレームをいれる様子が放送された。

AKB48では「第2のまゆゆ」と呼ばれていた西野だが、そのプレッシャーからか激太り。AKB卒業後も激太りは続き、過去の放送では有田哲平から「第2のまゆゆが来るって聞いたのに、探してもどこにもいない!」とイジられたことも。そこで西野は心機一転、ゼロからやり直すことを決意してダイエットを決行し、2カ月で8.5キロの減量に成功した。

しかし、そんな西野の努力も空しく、ネットでは「個性死んだよね」などと言われるように。さらに太っていたときは「まゆゆに似てるんです」というと「いやいや」とツッコまれていたが、痩せてからはツッコまれることもなくなり、バラエティ的にはマイナスになってしまったのでは?と悩みを告白した。

そんな西野は、本家・渡辺麻友に「西野をどう思っているか」を聞いてきたVTRがあると聞き「どうしよう! どうしよう!」と大混乱。VTRで登場した渡辺は「最初の頃は一緒懸命でかわいい子だなと思ってたので、嬉しかったですけど、次第に方向性が変な方に行っていたので、ちょっと第2のまゆゆではないんじゃないかなって。激太りとかニュースで見たので、あんまり第2のまゆゆって言いふらさないでほしいかな」とコメント。

最後に西野へのメッセージとして「またどっかで会う機会があったらよろしくね、またね!」と締めくくったが、それを見た西野は「凄い、嫌そうな顔していた、笑ってなかったし」とがっかりした様子だった。

続き・全文はこちら
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00169384-the_tv-ent