0p3


元AKB48で女優の島崎遥香が、シチュエーション・コメディ『漫画みたいにいかない。』のドラマ新シリーズ(日本テレビで来年春放送)にゲスト出演することが2日、明らかになった。

『漫画みたいにいかない。』は、放送作家のオークラ氏が脚本と監督を務める、全く売れない時代遅れの漫画家とその周りの人々の“漫画みたいにいかない日常”をシニカルな笑いと哀愁で描いていくコメディ。ドラマは昨年10月にHuluで配信、今年1月クールに日本テレビ(※関東ローカル)で放送され、4月に上演された舞台はチケットが即完する人気で話題を集めた。

この第2弾となる舞台とドラマが、満を持して制作されることが決定。島崎は、今年4月に上演された『漫画みたいにいかない。』の舞台にゲスト出演しており、今回のドラマも同じ「西条つかさ」役で登場する。

前回は彼女にとって初の舞台だったが、“失恋のトラウマからスマホ中毒になった女の子”という強烈な役柄を演じて見事なコメディエンヌぶりを発揮。島崎は「ドラマという形でまた『―みたいにいかない』チームとご一緒させていただけるということで、とてもうれしく思います! オークラさんの作るものはとても面白いのでプレッシャーもありますが、引けを取らないように頑張ります」と意気込んでおり、東京03、山下健二郎、山本舞香と再びの共演で、さらなる化学反応に期待がかかる。


続き・全文はこちら
 
https://news.mynavi.jp/article/mangamitaini-2/