no title


10月2日深夜放送の「AKBINGO!」(日本テレビ系)では、メンバーが極端に愛しすぎている偏愛グルメを大公開。千葉恵里、篠崎彩奈、湯本亜美が激辛グルメをプレゼンし、“激辛愛No.1メンバー”を決定するバトルでは、審査員の加藤玲奈があまりの辛さに悶絶した。

篠崎は週一ペースで食べていると言う「征虎 総本店」のカレータンタン麺5辛に、店オリジナルの激辛唐辛子5グラムをかけた激辛坦々麺を紹介。審査員の加藤が実食すると、一口食べただけで「え~辛っ! 辛い辛い辛い! びっくりするくらい辛い! 何言ってんのって言うくらい辛い!」と悶絶した。

続く千葉はイタリアンレストラン「ラ・パウザ」の温泉卵のカルボナーラを紹介。ボトル半分の量のハバネロソースをかけ「辛さを感じない」と何事もなかったかのように食べるが、審査員の加藤が恐る恐る実食すると「あ~辛い! これは本当に辛い。喉痛い」と苦しそうな表情に。無心で食べる千葉に、加藤は「本当に(千葉は)ロボット?」と目を丸くした。

湯本は「しゃぶしゃぶ温野菜」の15辛(通常は3辛まで)の激辛火鍋を紹介。加藤は意を決して口に運ぶも「辛っ! 衝撃的なぐらい辛い」と白目をむきながら撃沈。これに湯本は「うん、安定(の辛さ)です」と言い、黙々と汗をかきながら食べ進めた。

最終的に、加藤は湯本のプレゼンを選び激辛愛No.1が決定。司会の村本大輔(ウーマンラッシュアワー)から総評を求められた加藤は「本当にやばかった。なんか次元が違う辛さの」と振り返った。
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title





続き・全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00164515-the_tv-ent