0Y


(前略)



 彼女は、兄の影響で小学生のときにギターを始めた。

 カナダ出身の人気シンガーソングライターであるアヴリル・ラヴィーンにハマり、「女性がギターを弾いてロックを歌い、等身大で表現する力強さ」にあこがれを抱いた。将来は”シンガーソングライターになって、自分で曲を作って、ギターを弾いて歌う”ことが夢になった。

 すぐに音楽スクールに通い、バンドを組んでライブ活動や、オーディションを受ける日々が続いた。

 だが、厳しい音楽業界の現実にシンガーソングライターへの夢をあきらめかけ、自分の目指すべき将来の姿を見失いかけた。

 そこで、山本彩の音楽への気持ちは一度途切れた。

当時の心境を「自分の将来に興味がなくなってしまったという虚無感が押し寄せてきて、バラバラになりそうでした」と昨年3月に刊行された『山本彩ファーストエッセイ集 すべての理由』(幻冬舎)の中では表現している。

■人生の転換点となったオーディション

 支えたのは、家族の存在だった。4人きょうだいの末っ子だった彼女を、母は芸能活動と大学進学の両方を見据えながら、どんな高校がよいかアドバイスした。

 学年2位の成績を残したこともあり、高校2年時には生徒会長も務めた。高校卒業後は、教師を目指し、大学への進学を考えていたという。

 しかし、高校2年の夏に思いもよらない母からの提言があった

 「NMB48一期生の募集のオーディションを受けてみないか?」

 音楽活動での挫折を感じ、どこか覇気を失っていた娘をずっと気にかけてのことだった。

 シンガーソングライターを志していた山本彩からすると、真逆のアイドルの世界には抵抗があった。

 それでも、母からの「AKBさんのところなら、基本はアイドルの活動で歌や踊りをしながら、卒業したら、女優やモデルなどの活動ができるし、音楽をやりたいんだったら、そこからまたやれるんじゃないか」という言葉に背中を押された。

 「これが最後」と決め込んで受けたオーディションに見事合格し、アイドル・山本彩が誕生した。

 それは、アイドルで名前を売り、その先に自分の音楽を築き上げるといった覚悟の決断だった。

 2010年にNMB48が結成されると、キャプテンに指名された。

 小学校の頃から、音楽スクールで歌とダンスのレッスンを受けていたこともあり、グループのセンターというポジションも同時に与えられた。

 ステージで全力を尽くすのはもちろん、レッスンでもできるだけ早く来て、納得いくまでパフォーマンスを磨いた。その姿に刺激されるようにほかのメンバーもパフォーマンス力を磨き、総合プロデューサーの秋元康からも「ダンスといえばNMB48」と評価されるようになった。

 スポーツの世界では、背中を見せてメッセージを伝えるキャプテン像が多く語られる。山本彩も「背中を見せる」ことでつねにほかのメンバーより1歩前に出て、先頭に立ってグループの躍進を担った。

 「キャプテンに就任して、人として大切な気持ちとか考えや、責任感や自覚が芽生えました。あとは、誰かのために何かをするっていうこととか、すごく感じていました」

■山本彩がトップアイドルに上り詰めた日

 NMB48は、2011年7月にデビューシングル『絶滅黒髪少女』をリリース。以降、オリコンによれば、2018年9月現在で通算16作のオリコン週間チャート首位を獲得している。

 AKB48(40作)、乃木坂46(20作)、SKE48(19作)、モーニング娘。(18作)に次ぎ、女性グループ歴代5位の記録だ。

 NHKの紅白歌合戦でもNMB48は単独出演を3回(2013・14・15年)経験し、2015年の紅白歌合戦では、連続テレビ小説としては今世紀最高の視聴率を記録した「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」で山本彩がセンターを担い、幅広い層から支持を獲得した。

 翌年の紅白では、1人が何票も投票ができる「AKB選抜総選挙」とは異なり、視聴者投票によって出場メンバー48人を決める「AKB48夢の紅白選抜」が事前に行われ、投票総数46万856票の中で、山本彩は4万1190票を獲得し1位に輝く。「君はメロディー」をセンターで披露し、一躍、日本を代表するトップアイドルへと駆け上がっていった。

 「自分がやりたいことに対して向かっていくには、最終的に自分に打ち克つことがいちばん必要というか……。自分に負けそうになるときこそ、ストイックに考えられる源があります」

 山本彩が座右の銘として、大事にしている言葉は“克己心”という。弱い己に打ち克つ心という意味が込められている。

 トップアイドルに選ばれた人間の日々は、私たちの想像以上に過酷だ。

 月に1、2回休みがあるかないかの日常を過ごし、筆者の東京での取材時も肩の負傷を抱えながら朝から晩までさまざまな媒体の撮影、取材が続いていた。

 その翌日には、大阪への生放送番組出演と東京と大阪の往復を何度も繰り返し、週末の握手会では、9時間にわたり3000人近くのファンと交流した。

 家に帰ると寝落ちする日々が習慣化しているという。

 そういった激動の中で、つねに高いモチベーションを維持できた理由はどこにあるのか? 

 「この活動は、すべて何かやったことに対して結果も出るし、反応が返ってくるし、それがつねにどのタイミングでも違うので。やっていて毎日が同じじゃないというのが、すごく刺激的で楽しくて。充実していた8年間だったなと。

 だから新しい発見とか、やりたいことも見つかったし、目標が途切れなかったからうまくいけたのかなと思います」

■ロックシンガーを目指した少女がアイドルのてっぺんに

 そして、NMB48の8年間を振り返っていちばん得たことは自分自身の内面の克服だったという。

 「ライブでの経験値、人とのコミュニケーションとかそういうことは、握手会をやったりして培えたことです。もともと人見知りだった自分が、こんなにも初対面の人と話せるようになったのは、このグループのおかげだったと思うので、そこは入ってすごくよかったです」

 自身がつかんだ目に見える結果よりも、克服できた内面を真っ先に挙げた山本彩。

 見るだけの夢はかなわず、追う夢はかなう。

 ロックシンガーを志した1人の少女が、まったく違うアイドルの世界に踏み出して、何かを乗り越え今日まで成長してきた。それは、まだ知らない自分との出会いであり、挑戦でもあった。

 栄光をつかんだ軌跡の物語は明日への自分へとつながっている。

 「8年を振り返るなかで、今の自分を導いたターニングポイントといえば、何個かあると思うんですけど、いちばんはソロでの活動ができるようになったことですかね」