0P2


 元AKB48で女優の島崎遥香(24)が2日、東京・渋谷のNHKで行われた同局のドラマ「主婦カツ!」(7日スタート。BSプレミアム、日曜後・10・00)の取材会に登場し、共演した鈴木保奈美(52)に感謝の言葉を贈った。

 島崎は鈴木と親子役を演じた。鈴木は島崎の印象を「すごく面白い人なんです。面白さをどう説明したらいいのか、すごく難しい。AKBのぱるるだと思って見ていると、全然違うぱるるが飛び出してくる」という。それを受けた島崎は「(私は)ほとんどの人に理解されないんですけれど、保奈美さんは分かってくれようとするのが伝わってきました。ダメ人間なんですけれど、笑わせてくれて、優しくしてくれてノビノビとお芝居ができました。ありがとうございます」と感謝した。

 島崎は看護学生でありながら、妊娠してしまう役で「看護学生でありながら、計算せずに妊娠してしまう。少し異質ですか…。不思議なこんな形もあるのかと思って見てください」とアピールし、撮影を通じて「母親の偉大さが分かりました。個人的には、本当にここまで育ててくれてありがとうと思った作品です」と明かした。

 また、山口紗弥加(38)は鈴木との初共演に興奮気味で「私事で恐縮ですが、11歳の時に『東京ラブストーリー』を見て、保奈美さんになりたいと思ってこの仕事を始めました。デビューした時、撮影現場に花束を持って行ったら、興奮で鼻血が出たんです。そのぐらいの大ファン。保奈美さんを大満喫しています」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000064-dal-ent