0M


2016年8月9日、NMB48劇場で渡辺美優紀の卒業公演が行われた。その後、彼女が芸能界で活動を続けるのか不明だったため、私はレポート記事の最後にこう記した。<あの屈託のない笑顔で「ただいま~!」と、再び私たちの前に現れる日が来ることを願ってやまない。


あれから2年。2018年9月19日、彼女は自身の25歳の誕生日にZepp Tokyoで行われた単独ライブ「渡辺美優紀 1st LIVE TOUR 2018~Milky Landだよね~」で、あの屈託のない笑顔で「ただいま~!」と、再び私たちの前に現れた。そして、同ツアーの大阪公演をなんばHatchで9月21日に開催。みるきーの復帰を待ちわびた1800人のファンが集結した。

ライブはアニメーション映像からスタート。「むかしむかし、夢の国<Namba Land>に、一人の女の子、渡辺美優紀が誕生しました。それはそれはかわいい女の子で、みんなから“みるきー”と呼ばれ、愛されました。そしてみるきーは、美しい釣り師に成長しました(→場内爆笑)。Namba Landだけでなく、Akiba Landや、Sakae Landでも釣り師として、みんなを喜ばせました。みるきーはみんなに愛され、世界は笑顔で溢れていました。しかし、釣りに疲れたみるきーは、お休みをすることにしました。(中略)長い夢から目覚めた時、みるきーは、お姫様になっていました。お姫様になっても釣り師の才能はなくなるどころか、更に磨かれ、秋元康さん、つんく♂さん、水野良樹さん、岸田勇気さんと、大物ばかりを釣ったみるきーは(→場内爆笑)、みんなで一緒に<Milky Land>を作りました。めでたしめでたし、おしまい(→場内拍手)…ではありません!釣り師のお姫様の更なる冒険の旅、ここに集まった、釣られた皆さんとともに、新しい一歩が今、始まります!」

Milky Landのお城から、ピンクのドレスに身を包んだお姫様が登場すると、場内からは大歓声!1曲目は『Milky Land』。♪大変お待たせしました 今日は第二の誕生日 新しい私のストーリー ここから始まってゆく♪という歌詞で始まるこの曲には、現在の彼女の心情が綴られており、「初めて聴いた時、こみ上げてくるものがあって、泣きました」(ニコニコ生放送「渡辺美優紀のMilky FM」9月14日放送)と語っていた。超満員の会場全体を見渡すように視線を送り、ステージに立つ喜びを噛みしめながら、笑顔で歌うみるきー。

続いて、女性バックダンサー4人を従えて、『WINTER LOVE~私のYeah Yeah~』を披露。楽曲を提供したのは、つんく♂。モーニング娘。が大好きな彼女にとっては、最高の“復帰祝い”になったに違いない。『りんご麗し 実りの季節』も、元チャットモンチーの高橋久美子が作詞、いきものがかりの水野良樹が作曲を手掛けた、どこか懐かしさが漂う歌謡曲テイストのナンバー。そして「AKB48グループ じゃんけん大会 2014」で優勝し、自らの手で勝ち取ったソロデビュー曲『やさしくするよりキスをして』のイントロに乗せて、「大阪の皆さん、ただいま~!今日は最高に楽しみましょうね~!」と煽ると、ステージの上手と下手に設置された、お立ち台から投げキッス!女性ファンの「キャーッ!」という悲鳴のような声援がこだました。

みるきーがステージからハケた後、小学生(高学年)と思われる少女と少年が、淡い恋を演じる芝居が展開され、白いワンピースに着替えた彼女が登場。『アシンメトリー』をせつなく歌い上げ、『乙女心キャンディ』では、間奏でキャンディを投げ入れるサービスも。

そして、NMB48時代、上西恵・吉田朱里と3人でパフォーマンスしていた『ジッパー』をソロで披露。曲中でメンバー同士が衣装の背中のジッパーを下ろし合って脱ぎ捨てる、セクシーな演出が大人気のこの曲。その見せ場を一人でどうするのか?みるきーが指差した男性ファンをダンサー2人がステージに上げ、ソファーに座らせて耳打ち。すると、みるきーがその男性の隣に座り、背中のジッパーを下ろしてもらうという衝撃の演出!大役を終えた男性はその後、ダンサー2人によって舞台袖に連行されていった(笑)。

(中略)

あれから2年。2018年9月19日、彼女は自身の25歳の誕生日にZepp Tokyoで行われた単独ライブ「渡辺美優紀 1st LIVE TOUR 2018~Milky Landだよね~」で、あの屈託のない笑顔で「ただいま~!」と、再び私たちの前に現れた。そして、同ツアーの大阪公演をなんばHatchで9月21日に開催。みるきーの復帰を待ちわびた1800人のファンが集結した。

ライブはアニメーション映像からスタート。「むかしむかし、夢の国<Namba Land>に、一人の女の子、渡辺美優紀が誕生しました。それはそれはかわいい女の子で、みんなから“みるきー”と呼ばれ、愛されました。そしてみるきーは、美しい釣り師に成長しました(→場内爆笑)。Namba Landだけでなく、Akiba Landや、Sakae Landでも釣り師として、みんなを喜ばせました。みるきーはみんなに愛され、世界は笑顔で溢れていました。しかし、釣りに疲れたみるきーは、お休みをすることにしました。(中略)長い夢から目覚めた時、みるきーは、お姫様になっていました。お姫様になっても釣り師の才能はなくなるどころか、更に磨かれ、秋元康さん、つんく♂さん、水野良樹さん、岸田勇気さんと、大物ばかりを釣ったみるきーは(→場内爆笑)、みんなで一緒に<Milky Land>を作りました。めでたしめでたし、おしまい(→場内拍手)…ではありません!釣り師のお姫様の更なる冒険の旅、ここに集まった、釣られた皆さんとともに、新しい一歩が今、始まります!」

Milky Landのお城から、ピンクのドレスに身を包んだお姫様が登場すると、場内からは大歓声!1曲目は『Milky Land』。♪大変お待たせしました 今日は第二の誕生日 新しい私のストーリー ここから始まってゆく♪という歌詞で始まるこの曲には、現在の彼女の心情が綴られており、「初めて聴いた時、こみ上げてくるものがあって、泣きました」(ニコニコ生放送「渡辺美優紀のMilky FM」9月14日放送)と語っていた。超満員の会場全体を見渡すように視線を送り、ステージに立つ喜びを噛みしめながら、笑顔で歌うみるきー。

続いて、女性バックダンサー4人を従えて、『WINTER LOVE~私のYeah Yeah~』を披露。楽曲を提供したのは、つんく♂。モーニング娘。が大好きな彼女にとっては、最高の“復帰祝い”になったに違いない。『りんご麗し 実りの季節』も、元チャットモンチーの高橋久美子が作詞、いきものがかりの水野良樹が作曲を手掛けた、どこか懐かしさが漂う歌謡曲テイストのナンバー。そして「AKB48グループ じゃんけん大会 2014」で優勝し、自らの手で勝ち取ったソロデビュー曲『やさしくするよりキスをして』のイントロに乗せて、「大阪の皆さん、ただいま~!今日は最高に楽しみましょうね~!」と煽ると、ステージの上手と下手に設置された、お立ち台から投げキッス!女性ファンの「キャーッ!」という悲鳴のような声援がこだました。

みるきーがステージからハケた後、小学生(高学年)と思われる少女と少年が、淡い恋を演じる芝居が展開され、白いワンピースに着替えた彼女が登場。『アシンメトリー』をせつなく歌い上げ、『乙女心キャンディ』では、間奏でキャンディを投げ入れるサービスも。

そして、NMB48時代、上西恵・吉田朱里と3人でパフォーマンスしていた『ジッパー』をソロで披露。曲中でメンバー同士が衣装の背中のジッパーを下ろし合って脱ぎ捨てる、セクシーな演出が大人気のこの曲。その見せ場を一人でどうするのか?みるきーが指差した男性ファンをダンサー2人がステージに上げ、ソファーに座らせて耳打ち。すると、みるきーがその男性の隣に座り、背中のジッパーを下ろしてもらうという衝撃の演出!大役を終えた男性はその後、ダンサー2人によって舞台袖に連行されていった(笑)。

全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00163698-tkwalk-ent