YbOkwi-nnB1h4TSr


AKB48竹内美宥、卒業を発表 「PRODUCE48」終え世界中からエール

AKB48竹内美宥が4日、ネット配信にて、今年グループを卒業することを発表した。

竹内美宥、年内にAKB48卒業へ

竹内は、練習生として参加したAKB48グループと韓国の人気オーディション番組「PRODUCE101」がタッグを組んだグローバルガールズグループ誕生プロジェクト「PRODUCE48」(BS スカパー!・Mnet/毎週金曜午後11時)で健闘した数ヶ月を振り返り、「感謝する気持ちでいっぱいの今と、それから若いメンバーと肩を並べてアイドルをやりきれたことに感謝と韓国っていう実力社会の場所で新たにスタートを切れるってことがワクワクしてとても楽しむことができたすべてのことに感謝している今だからこそAKB48から今年、卒業して、また新たな道に1人で歩んでいきたいと思っています。なので私は今年AKB卒業することに決めました」と報告した。

AKB48加入前から芸能活動をしていた竹内は「14年間のなか、何一つ後悔はない」ときっぱり。AKB48を卒業するタイミングは「大きなことをしてから」とずっと考えていたといい、10年目となり自分の進路に悩んでいた矢先にPRODUCE48の企画が。「色んなことが全て合致して納得行くタイミングが今なんじゃないかと思ってます」と決断までの経緯を説明した。

具体的に決めたのは、「PRODUCE48」最終回を終え、母親と韓国で食事をしたタイミング。
元々グローバルに活躍したいという思いを抱いていた竹内は「本当に今がすごく幸せなんです」と晴れやかな表情。芸能活動は卒業後も続けるとし、「今後アーティストとして活動していきたいので、表現ができることであれば何でもやりたいと思っています」と歌だけでなくダンス、演技とジャンル問わず意欲的にしていきたいという思いを語った。カバー動画など作品を発表しているYouTubeも続行する。

最後の握手会は、12月23日の「センチメンタルトレイン」劇場盤握手会。卒業公演などの予定はまだ未定で、決まり次第発表するとした。

配信は世界中のファンが視聴。日本語だけでなく、韓国語、英語など様々な言語のコメントが飛び交い、「卒業寂しいけど応援するよ」「プデュであなたを知れてよかった」「韓国でも活動して欲しいです」といったエールが殺到していた。

最愛の祖父が他界していた

また、配信の冒頭では、「PRODUCE48」を第1回から回顧。父の代わりに育ててくれ、芸能活動をずっとそばで応援してくれた祖父の誕生日が8月31日だったため、当日にデビュー決定をプレゼントしたいという思いを持っていたが、第2回の順位発表式の日で祖父が他界したことを告白。「これだけファンの方が沢山の愛をくださったのはおじいちゃんのおかげ」と祖父への強い思いを話した。

竹内美宥「PRODUCE48」で開花 一躍注目の的に


竹内は、「PRODUCE48」で、初回からアーティスティックな歌声や編曲能力を見せつけ、日本人メンバーの中では特出した才能を買われ話題に。第5話の第1回順位発表式では、9年間アイドルとして活動しながらも、日本ではなかなか注目されなかった思いを涙ながらに語り、注目を集めた。

8月31日に最終回を迎え、デビューする12人の日韓練習生が決定。最終的にデビュー出来る12位以内に入ることはできなかったが、途中順位では10位前後を推移し、人気も証明。2日に「メンバー入りはできませんでしたが、これからも私を楽しみにまってて欲しいです!!」「これからは私がお返ししていけるように、絶対つなげていきます」と発表を予告していた。

https://mdpr.jp/news/detail/1790506

竹内美宥卒業発表配信【#MIYUTUBE LIVE】
https://www.youtube.com/watch?v=KeDgbzdGadU

https://www.youtube.com/watch?v=KeDgbzdGadU