20180815-00000011-tospoweb-000-view


 6月の「第10回AKB48世界選抜総選挙」で100位以内に入れなかったメンバー228人が13日、千葉・市川市文化会館で「AKB48グループ感謝祭~ランク外コンサート~」を行い、選抜総選挙「延長戦」として、120位から101位が発表された。ランクイン直前だった注目の101位は、AKB48の茂木忍(21)。フリーアナウンサーの宮根誠司(55)から「AKB48を変える逸材」と絶賛されている茂木の実像は…?

 アンコールでは毎年、総選挙で司会を務めている徳光和夫アナウンサー(77)が登場。選抜総選挙「延長戦」と題して、120位から101位までの順位を発表した。

 惜しくもランクイン直前の101位だったのは、1万4445票でAKB48チームKの茂木。100位のAKBチームBの大家志津香(26)とわずか43票差だったことに、茂木は「え~っ! 自分で(投票するために)CDを買えばよかった」と笑わせた。

 徳光アナから、ファンに向けて改めてスピーチを求められると、茂木は「本番ではランクインできなくて、スピーチもできなかったんですけど、ここでは1位なので、ある意味おいしいかな」とニンマリ。総選挙後に行われた握手会では、100位以内に入れなかったことでファンから「悔しかったね」「ごめんね」と声をかけられたと話し、「来年こそは私もCDを買うし、笑顔で『やったね』『うれしいね』という言葉を頂けるように1年頑張りたい」と宣言した。

 そんな茂木は、フジテレビで生中継された総選挙特番のMCを2013年から6年連続で務めている宮根アナが“推しメン”に挙げている。

「昨年の総選挙前、宮根アナは自身が司会を務める『Mr.サンデー』で、茂木のことを注目していると明かし、『これからのAKB48を変える逸材!』とまで言い切ったのです。それで74位にランクインした。さらなるブレークが期待されただけに、今年の圏外は茂木本人も悔しかったはずです」(AKB関係者)

 美形で知られ、20歳を過ぎて推定Dカップ乳を持つスタイルにも磨きがかかっている。AKBの冠番組で「セクシーな胸元」を競う企画で1位を獲得したこともあった。

「茂木本人がグラビアに前向きなら、お母さんはそれ以上。AKBスタッフに『私の娘はカラダが素晴らしい! グラビアの仕事をやらせてください!!』と直訴したほど。それを受けて、グラビアの仕事が決まったこともある」(前出の関係者)

全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000011-tospoweb-ent