misc


「ボイトレなんて、一回もしたことないし」

 AKB48グループの39人が挑戦しているK-POPサバイバル番組『PRODUCE 48』。

 エピソード1~2では、ランク分けのためのパフォーマンスに日韓の参加者(「練習生」と呼ばれる)が挑んだ。審査するのは、彼女たちを鍛えるK-POP界のトレーナーたちだ。

 その結果は、なんともシビアなものだった。デビュー前の韓国の練習生たちが際立ったパフォーマンスを繰り広げたのに対し、48グループのほとんどは酷評された。評価基準は、あくまでも歌とダンスの技術力だったからだ。

 「K-POPがプロ野球だとしたら、AKBは高校野球かもしれない」──秋元康のこの言葉は見事に実証された。

----------
(前回記事はこちら「AKBが開いたパンドラの箱『PRODUCE 48』の代償と可能性」)
----------

 最初の評価では、Aランクは宮脇咲良(HKT48)と竹内美宥(AKB48)のみ。Dランクが11人、Fランクが17人と、日本勢の76%が下位とされた。

 韓国勢(中国人やアメリカ人も含まれる)はDランクが4人、Fランクが2人(11%)だったのと比べると、歴然とした差だ。

 こうしたなか、「基礎ができていない」と厳しく評価された韓国の練習生の姿を見て、審査前の48グループのメンバー複数がぼやいた。

 武藤十夢「うちら、1ヵ月とかで(ステージに)出てるよね」
岩館紗穂「ボイトレなんて、一回もしたことないし(略)研究生が基礎練習やるわけでもないじゃん。先生がいるわけじゃなくて、自分たちでやるし」
小嶋真子「先輩を見よう見まねでやってた」

 トレーナーのひとりであるFTISLANDのイ・ホンギは、日本でも長く活動していることもありそうした48グループの状況を把握していた。

 それを他のトレーナーに伝えると、もっとも厳しい指導をする振付師のペ・ユンジョンがニヤリと笑って言った。

 「彼女たちの成長を見るのが楽しみだね」

48グループメンバー「最初の難関」

 練習生たちは、ランク別に合宿所で生活をともにする。携帯電話は没収され外部との連絡は遮断される。これらは、韓国芸能界では当然のように行われている手法だ。

 トレーニングは、午前と午後に2コマずつ計4コマ。自主練習の時間も多いが、歌とダンスに毎日1コマずつ費やされる。

 このトレーニングは、個々の技術を高めることはもちろんだが、最初のランクの見直しと、96人全員参加の発表曲のミュージックビデオ「Pick Me」の立ち位置を決めることも目的としている。

 番組ではこのプロセスに1時間程度しか尺は割かれなかったが、48グループのメンバーにとって最初の難関となったのはこの合宿だ。

 Fランクに位置づけられた17人の日本勢はもちろんのこと、Aランクの宮脇咲良もボロボロになりながら練習に打ち込んだ。

 途中のインタビューで、彼女はぽろぽろ涙を流しながらこう話す。

 「まだ1年しか練習生をやっていない子たちが上手くて、私はもうアイドルをやって7年も経つのに、どうしても体が動かなかったり……。全然実力がないと思うと、7年間なにをやってきたんだろうって……悔しいです」

 データからも日韓の練習生にはもともと大きな違いがあることが読み取れる。


続き全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180817-00057011-gendaibiz-bus_all&p=2