large-4f351ab152d61



厳しい状況が取り巻く その今を実感する言葉

 今回第二位と大きく躍進したSKE48の須田亜香里は、その喜びと共にこんなコメントを残した。「メディアに出演させていただく中で、感じたこと、気づいたことがあります。それは世間の皆さんは、私達が思っている以上に、48グループに興味が無いということです」この言葉は、今現在の彼女らを見る世間の目を、スナップショット的に切り取った印象とも感じられる。今回地元開催ということもあり、さらにワンツーフィニッシュという快挙を成し遂げた一方で、彼女がこのように客観的な視点からのコメントを残したことには、大きな意味も感じられる。

 そしてトップに輝いた松井珠理奈は、その言葉に続けるように「まだ私達が戦わないといけないところ、ありますよね。私は本気で、48グループを1位にしないと気がすまない」というコメントをした。これは逆にかつて「国民的アイドル」と呼ばれた印象からの乖離を実感してのことか、あるいは自身の思い描く48グループの姿からかけ離れているというイメージなのか、いずれにせよ、AKB48グループの現在の姿に対し、今のままではいけないという思いのあらわれ、と捉えられる。


(中略)


 そしてSKE48グループの松井は「お互いが信じあえば、また48グループはアイドル界にトップになれます。なりたいんじゃダメなんですよ、なるんです」と、グループ内の関係を超えた目標を示唆している。「今こそ、メンバー一人ひとりが自分の個性を武器にして、個性を出していって、48グループの旗を掲げて戦っていく時だと思います。メンバー一人ひとり、自分の個性を出すことを恐れずに、弱いところを恐れずに頑張っていけたらいいなと」松井に続く須田もまた、自立した自身の思いを強く主張している。

 ふと感じられたことだが、これまでアイドルという存在は、どちらかというと“まさに今、そこにある場所”“用意された地位”を目指すものという決まりきった法則に縛られる傾向にあったようにも感じられる。過去の栄光には及ばない、そのジレンマを脱するには、48グループそのものという枠組みを壊していかなければいけない。そんな意思をメンバー自身が強く持ち、そして一歩を踏みしめようとしている。もしそれが本当に実現できたとしたら、また新たな景色も見えてくるかもしれない。それはまた新たなアイドル論が議論される可能性もあるのではないか、と痛快にも感じられる。ぜひその新たな景色を見てみたいものだと、願わずにはいられない次第である。


全文はこちら
 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00010003-musicv-ent&p=2