0Z


 AKB48チーム8岡部麟(21=茨城)小田えりな(21=神奈川)倉野尾成美(17=熊本)が5日、東京・秋葉原のAKB48カフェ&ショップで、ドキュメンタリー動画「AKB48 Team8 1年間のキセキ 4th lap」上映会に出席した。

 47都道府県出身の代表メンバーによって14年に結成されたチームは、4月で結成5年目に突入した。動画では4年目の1年にカメラが密着、チームの軌跡を追った。1年目からチームを追い続ける高橋栄樹監督も登壇し、「立派な1人のプロになってきましたね」とメンバーの成長を喜んだ。一方で、インタビューシーンが少なく、倉野尾は20、30分ほどのインタビューがまったく使われなかったという。「結構しゃべったのに、全カットでした」と苦笑いする倉野尾に、高橋監督は「奥行きというか、1人1人をちゃんと見ていこうと思い、ナレーションとインタビューを外しました」と説明していた。

 各県の卒業メンバーに代わる追加メンバーが、ポジションを上げていけない苦悩を描いた映像もある。岡部は「新メンバーの子たちが、どんな苦悩を抱えているか分かりました」と明かした。新しく始動するチームAと兼任で、しかもキャプテンを務める岡部は「メンバーのみんなをフォローする立場になったので、チーム8のメンバーたちも支えていきたい」と約束した。小田も「新メンバーの子たちは、新メンバー同士でひとかたまりになってしまいがち。ずっといる私たちが、ほぐしていって、同じ目線で活動できるようにしたい」と誓った。



続き全文はこちら