20170617-OHT1I50149-T


 29日から投票受け付けが行われている「第10回AKB48世界選抜総選挙」(6月16日開票、愛知・ナゴヤドーム)の120位までの投票速報が30日、発表され「NGT48」の荻野由佳(19)が2年連続で暫定首位に立った。地元開催に燃えるSKE48の松井珠理奈(21)は約2万票差の2位。珠理奈は昨年に続いて荻野の後塵を拝したが、本紙が速報直後に直撃すると“逆襲への熱い思い”を激白した――。

 荻野は速報票数で昨年(5万5061票)を上回る過去最高の5万9531票を獲得。昨年も前年圏外(95位)から速報1位を飾って、最終順位でも5位に大躍進したが、それがフロックではないことを証明してみせた。

「名古屋がホームのSKE48さんに負けないように、NGT48もどんどん攻めていきたいし、私自身もこのまま1番を狙わせていただきたい」と荻野は力を込めた。

 速報2位(3万8943票)も昨年と同じSKE48の珠理奈。荻野には2万票以上という圧倒的な大差をつけられたが、これは“吉兆”でもあるという。

「速報順位は投票スタート初日(29日)のみの票数です。珠理奈は昨年も荻野に速報段階で2万票以上の差をつけられましたが、最終的には3位(11万3615票)になり、5位の荻野(7万3368票)を上回った。むしろ珠理奈ファンは『荻野に負けられない!』となる。1位になって安心してしまうよりは、2位になったほうが結果的にプラスだと思いますね」(芸能プロ関係者)

 総選挙の開票イベントはSKEの地元開催。そして、今年はグループ結成10周年を迎える記念イヤーだ。

 もともとファンは総選挙に熱いことで知られ、昨年のSKEは1位から16位の選抜メンバーにAKBの4人を上回り、珠理奈、須田亜香里ら最多5人がランクインした。

「メンバーもファンも2014年以来となるナゴヤドームでの単独コンサートを目標に掲げている。そんな“聖地”と言える場所で、NGTの荻野やHKTの宮脇(咲良)ら他のグループが女王になる光景は絶対に見たくはないはず。すでに本番での“逆襲”を誓っています」


全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000026-tospoweb-ent