21日、吉本興業はAKB48などのプロデュースを手がける秋元康氏とコラボし、同社所属のタレントから構成したアイドルグループ「吉本坂46」を結成させることを発表した。

 グループは男女混合で、芸人をはじめ落語家や文化人、俳優など約6000人いる全所属タレントが対象となる。年内には始動し、大手レコード会社あるソニー・ミュージックエンタテインメントからメジャーデビューするということが決定しているという。

 秋元氏も、「どういう形のグループになるのか僕もわかりませんが、ぜひみなさまのご協力を頂いて、乃木坂46、欅坂46につづく第3弾・吉本坂46を成功させたいと思います」とコメントを寄せている。

 こうした盛り上がりを見せる一方で、突然の発表にファンの反応は冷ややかだ。ネット上では、「ネタグループなのはいいけど坂道の名前を使うな」「吉本が人気に乗り出してきただけだろ」といった怒りの声も続出している。

 「もともとNMB48の所属タレントが、吉本の子会社であるShowtitleの所属ですし、これまで関係がなかったわけではありません。吉本はお笑い以外でも店舗運営など手広く商売を手がけており、うまくいかないと感じたら早期に撤退するのも特徴です。このスタンスが、秋元氏のビジネスモデルとマッチしたのではないでしょうか。」(芸能ライター)

 ファンからすれば、早期解散などで「坂道グループ」の黒歴史とならないよう願うしかないようだ。

 一方で、グループの結成にあたり囁かれているのが、あるタレントの加入だ。

 「昨年のAKB48総選挙で突然結婚を発表した、元NMB48の須藤凜々花です。彼女は今グループを卒業し、タレントとして活動していますが、ぶっちゃけキャラとして今なお露出を続けています。もしかすると今後の受け皿として、彼女の加入も考えられるかもしれません。」(同・ライター)

 ちなみに、須藤も現在、Showtitleに所属している。肝心の結婚については、今年の4月頃に決定したと明かしているが、今後もコンスタントに芸能活動を続けたいという気持ちが、彼女のなかにはあるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000010-reallive-ent