DUnxWUjVwAAM9Io


29日より、HKT48チームKIV「制服の芽」公演が福岡市天神・西鉄ホールにてスタートした。

 
れまで、チームKIVは2014年5月に「シアターの女神」公演、そして2016年5月からは「最終ベルが鳴る」公演を上演。この「制服の芽」公演は、SKE48劇場で2009年10月にスタートしたオリジナル公演で、SKE48以外のグループが本公演を行うのは初となる。 

開演前のアナウンスを担当したキャプテンの本村碧唯が「皆さん、盛り上がる準備は出来ていますか?よろしくお願いします!」と呼びかけると、早くも大きな歓声が。overtureが鳴り響き、「恋を語る詩人になれなくて」からスタートした。 

◆本家・SKE48のパワフルなダンスに負けじとパフォーマンス 

全メンバーがメガネ姿で登場する「合格Kiss」、ステージを駆け回る姿が印象的な「アンテナ」、そして公演タイトルでもある「制服の芽」を続けて披露し、本家・SKE48のパワフルなダンスに負けじと、激しいパフォーマンスを展開。 

冒頭のMCで本村は「みんなでずっと作り上げてきたものを、やっと皆さんにお披露目できるということで、すごくワクワクしていました!」と笑顔で話し、宮脇咲良は「パフォーマンスで私たちの本気を見せられたらと思っています。皆さん最後までついてきてください!」と挨拶。 

さらに、深川舞子は「すごく大好きな公演で、SKE48さんに敬意を払いつつ、自分らしさを出せるパフォーマンスが出来たらと思っています!」とアピールした。 

また、怪我により、急遽一部出演となった朝長美桜が「みんなでレッスンしてきたので、すごく出たかったです」と悔し涙。「皆さんにも申し訳ない気持ちでいっぱいですが、今日は一部出演という形ですが一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします」と一礼すると、温かい声援と拍手が起こった。 



続き・全部はこちら
https://news.ameba.jp/entry/20180130-352/