hqdefault


 アイドルグループ「SKE48」の須田亜香里さん(26)が、スキャンダルを起こしたAKBグループメンバーの処分のあり方について語り、怒りを滲ませたとネットで話題になっている。

 週刊誌に暴露されクビになる人がいる一方で、処分を全く受けない人がいるため不信感がある、というのだ。漫画家の小林よしのりさん(64)は「すごいな。感心した」と須田さんの「アイドル論」を絶賛。ネットでは「処分されなかった人は?」などと詮索が始まった。

■「恋愛はしたらダメって言われている。ルールなんです」

 2017年12月24日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では冒頭に、大相撲の傷害事件を取り上げ、相撲界のイメージが1つのスキャンダルによって大きく変わることになった、とし、出演者からの感想を求めた。この日のコメンテーターの1人が「SKE48」の須田さんで、こんなことを語り出した。

 AKBグループにもスキャンダルは色々あるが、週刊誌に撮られただけでクビになる人もいれば、処分を受けることによって活動を続けることが許される人もいる。そして、表立った処分を全く受けずに活動している人もいる。

  「処分の基準が曖昧になると、それは(AKB)内部の人も、ファンも不信感を抱かざるを得ない」

 須田さんは「ちょっと怒っている」と語り、メンバーがルールを破りそれがメディアに取り上げられ注目度が上がれば、AKBグループは「どうせみんな恋愛している」と思われる。恋愛はせずに真面目にアイドルの仕事をしているメンバーがいることを知ってほしいし、真面目にやっている人が損をするようなことがあってはいけない。それは今回の相撲界のスキャンダルでも同じだ、とした。そして、

  「恋愛はしたらダメって言われている。ルールなんです」

と言うと、司会の「爆笑問題」の太田光さんが、

  「秋元康が(恋愛を)禁止した覚えはない、って言ってたよ」

と振ると、須田さんは、

  「それは都合が良すぎるな、って思いました」

と切り捨てた。スタジオ内ではこうしたはっきりした物言いに、驚きの表情を隠せない出演者が散見された。

須田の「アイドル論」は世間の圧力に負けていない

 これに「須田亜香里、すごいな。感心した」と大絶賛をしたのが漫画家の小林さんだ。

 番組の放送があった24日のブログで、秋元さんは「恋愛を禁じることは人権侵害」などという世間の圧力に負けて「都合が良すぎる」発言をしているが、須田さんのアイドル論は、一時的な世間の圧力に負けていない、とした。須田さんはバレエを通じてストイックを知っている。ストイックを知らない人間は感情のコントロールが効かないため禁止されている恋愛をしてしまう。

  「来年の総選挙では須田亜香里を1位に推薦したい」

と結んだ。


 ネット上では須田さんの発言を受け、スキャンダルでクビになったメンバー、処分を受け活動を継続しているメンバー、表立った処分を全く受けなかったメンバーは誰だ?とし、AKBグループ内メンバーの色分けが始まっている。掲示板には、

  「こんな不公平な状態じゃモチベーションも下がるし、真面目なメンバーの不満もたまりまくりだろうな。典型的なダメ組織だな」
  「そりゃ当たり前だよ。グループの収益に大きく貢献してれば手加減されるに決まってる。スキャンダルひとつで解雇するわけにいかないし」
  「秋元のお気に入りのメンバーを辞めさせられなかったことで、全てのルールが崩壊した」

などといったことが書き込まれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000009-jct-ent&p=2