20171215-ngt10


目標としている先輩は「指原莉乃さん」

ーーここまでくると、次はどうなるんでしょうね?

中井:確かに(笑)。でも、わりと何でも来い! って感じですね。先日、太田プロに所属させていただくことになったんですけど、そのときもファンの方々から「熱湯風呂やって!」と言われたんですよ。私のファンって「私に何を望んでるのかな?  芸人だと思ってるんじゃないかな?」って、たまに思います(笑)。

ーーダチョウ倶楽部さんのように(笑)。その太田プロダクションへの事務所移籍もあり、中井さんに対する期待がさらに高まってるところだと思いますが、今後挑戦してみたいことは何かありますか?

中井:最近は『キャバすか学園』(日本テレビ系)とか『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)とかドラマにも出演させていただいて、演技もすごく楽しいなと思えるようになったのでもっと挑戦してみたいですし、『スマートフォンデュ』(テレビ朝日)でアシスタントMCも任されているので、もっとMCのキャパも広げたいですし。あとは、ひな壇に座っていてもちゃんと自分の良さが出せるようになりたいとも思っていて。

ーーそういうところで、誰か目標にしている先輩はいるんですか?

中井:やっぱり指原莉乃さんですね。本当にいろんなところで48グループを引っ張ってくださっている印象があって、私もいつかそんな存在になれたらなと思っているので、そのためにはもっと経験を積んで、もっとしゃべれるようになりたい。早くネット弁慶から脱出したいので(笑)。コミュ障が完全に治ったと言えるぐらいまで、自分のトークスキルを上げたいなと思うと同時に、今後本当にやっていきたいことを今は探してる最中というか。与えられたお仕事の中から「私はこれが好きだ」というものを見つけてたいですね。

ーー太田プロに移籍したことで仕事の幅がより広がるでしょうし、2018年はさらに飛躍の1年になりそうですね。

中井:そうなればいいですね。今年は結構模索したので、来年はまたギラギラ感を取り戻して、私のことをもっと知ってもらって、私を入口にグループのことを知ってもらうぐらいの「顔」になれたらなと思います。

全文はこちら
http://realsound.jp/2017/12/post-138070_3.html