20171210-00074357-nksports-000-view


 今年いっぱいでAKB48を卒業する渡辺麻友(23)に代わり、「ポストまゆゆ」と期待がかかるチーム8東京都代表・小栗有以(15)が、渡辺の目の前で涙を見せた。

渡辺の卒業ソング「サヨナラで終わるわけじゃない」を、審査員席で鑑賞していた渡辺の後ろに移動し、向井地美音(19)と歌唱した。歌い出しこそ気丈に笑顔を見せていたが、別れの悲しみがこみ上げてきたのか、大粒の涙を流して歌えなくなってしまった。客席から「ゆいゆい~!」「頑張れ~!」と声援を受け、何とか歌いきった。小栗のほほをつたう涙を向井地がぬぐう姿がスクリーンに映し出されると、場内は温かい拍手に包まれた。

 渡辺は10月の卒業コンサートで「ポストまゆゆ」について問われ、小栗の名前を挙げていた。「私なんか目じゃないくらいすごい。私から見たら、まさに『アイドル』という子。AKBの王道アイドル、正統派アイドルとして頑張ってほしいなと期待しています」と話していた。

 その期待通り、小栗は最新シングル「11月のアンクレット」でも、渡辺に代わってセンターポジションを務めた。渡辺が見守る中で、いわば「王道アイドル伝承式」だった。

 渡辺は席で手拍子をしながら、小栗と向井地の様子を見守った。「メンバーのそれぞれの姿が、心に響きました。『サヨナラで終わるわけじゃない』は、期待している後輩2人がそばで歌ってくれて、感動しました」と感想を語っていた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00074357-nksports-ent