20171119-00000014-tospoweb-000-view


 AKB48の渡辺麻友(23)、柏木由紀(26)、グループ総監督の横山由依(24)ら8人が19日、千葉市のよしもと幕張イオンモール劇場で行われた「bayfm MEETS AKB48 12th Stage ~君がしてくれたこと~」の公開録音に参加した。

 10月31日に卒業コンサートを行った渡辺は「本当にもう幸せすぎるくらい幸せでした。これから先、生きていっても、あれほど幸せなことはないと思うし、あのステージからの景色を忘れることはありません」とファンに感謝した。

 卒コンでは1曲目の「初日」から感極まって涙した。「まさか1曲目から泣くとは想定外でビックリ。グッとこらえようとしたんだけど、結果、声が出なくなっちゃって、歌が下手な人みたいになってると思いながら歌ってました」とAKB48在籍11年間の集大成となったステージで、意外な心境を抱いていたことを明かした。

 また、同じ3期生の柏木は「まゆゆは私にだけ卒業することを教えてくれていた」と明かした上で「同期がみんな、いなくなって一人になるので寂しい。特にまゆゆはムードメーカーだったので…」と心境を吐露。一方、渡辺は「私にとってゆきりんはお母さん。懐が広くて何をしても、どんな悪いことをしても許してくれる存在」と特別な存在だったとした。

 収録の模様は23日午後7時から放送される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000014-tospoweb-ent