c90b7093-s


先週放送の日本テレビ「AKBINGO!」で、同局の「ウチのガヤがすみません!」プロデューサーが、 25名で番組を作りたいと依頼、ウーマンラッシュアワー村本による厳しいオーディションを潜り抜けた”選抜メンバー”(結果26名)が、ガヤ芸人と相まみえる本番収録に臨んだ。

(中略)

そんな宮崎は、芸人席にいたいま注目の芸人フースーヤーの田中ショータイムの大ファンであることを告白。しかも田中と同い年だと分かり、なぜか恥ずかしがる。後藤が「じゃあ、告白したらええやん」と振ると、間髪入れず「いいですか?」とノリノリ。田中のほうがドギマギする展開で、「付き合ってください!」と手を差し出す。「え?AKBなのにこんなのありなの?」とヒロミも慌てる。すると相方の谷口のほうが「お願いします!」と握手し、水を差す。しかし宮崎は本気モードで再度手を差し伸べると戸惑う田中を見かね、ウエストランド井口が「真剣に向き合えって!本当の気持ちを今ぶつけたほうがいいって!」と熱く助言する。しかし結果は「ごめんなさい」で、実は篠田のことが大好きだとどろどろの展開に。逆に田中が篠田に手を差し伸べて告白すると、宮崎が握手するという、バラエティーの勝手知ったる宮崎にメンバーは喝采。そこへ井口が乱入、宮崎に「そのパターン何回もやったし!」と怒りをぶつけ、宮崎も「私も本気だ」と一歩も引かない。ここでまさかの出川&上島の”キス芸”の展開に。2人もヒートアップし肩を押し合い言い争う。歓声と悲鳴の中、唇を寄せたところで、後藤が「させるか!!」と猛ツッコミで、みごとにオチた。この一連の流れを渋い顔で観ていた秋元先生(関太)は「いつからそんなグループになったんだよ!!」と厳重注意した。さらに「宮崎と井口は恋愛でゴタゴタしたので、卒業!」と言い渡されてしまう。


続き・全文はこちら
https://news.dwango.jp/2017/11/15/156742/idol/