S16


 AKB48島田晴香(24)が13日、東京・AKB48劇場で卒業公演を行った。これまで所属してきたチームKと4の曲を中心に、同期の横山由依(24)らゆかりの深いメンバーたちと「転がる石になれ」などの思い出深い曲を、思う存分に歌った。

 前半は「めっちゃ楽しい感情しかな~い」と言いながら、チームKの曲を4曲続けた。ユニットコーナーでは、デビュー時の研究生時代にホープとして選ばれて歌っていた「ガラスのI LOVE YOU」など、やはり思い出のある曲を歌った。

 後半は「私はほとんどAKB48の選抜メンバーには選ばれなかったけど」と言いながら、「ポニーテールとシュシュ」などのグループのヒット曲を続けた。

 本編最後は、劇場やファンに感謝を伝えるバラード「あなたがいてくれたから」。涙を流して歌うと、後輩の田野優花らも号泣した。

 アンコールは、胸元がデニム生地で下が純白の特注ドレス姿で再登場。憧れの先輩大島優子の卒業ソング「前しか向かねぇ」で明るくはしゃぎ、同じく尊敬する先輩秋元才加の卒業バラード曲「強さと弱さの間で」を再び涙しながら熱唱した。後輩の小嶋真子らもこらえ切れない瞬間だった。

 同期で、今はSKE48で活動する大場美奈の言葉が島田を的確に表していた。「あんにんや田野ちゃんって、私がいたころは島田と仲良しなイメージなかったのに。島田ってたくさんの先輩後輩に愛される存在になったんだねって」。

 8日の島田にとって最後のチームK公演では1期生峯岸みなみが号泣した。この夜はドラフト生らも含めた大勢の後輩たちに泣かれた。同期の9期生たちは、それぞれが島田に世話になった思い出話をして、やっぱり号泣された。上と下の橋渡し役を続けてきた島田らしい送別シーンだった。

 最後の曲は、「私の人生はこれからも続きますし、AKB48も続きます。続くという気持ちを込めてこの曲にしました」と言い、チームKの名曲「To be continued.」。これで芸能界も引退する。「AKB48に入れて本当に幸せでした。人生は1度きりなので、みんなも人生楽しもうぜ!」。非選抜メンバーでもオンリーワンだったアイドル人生を完全燃焼。ファンの前に初登場したのは、09年11月14日。ちょうど8年間。「やっぱりAKB48は運命だったんだって思います。そのAKB48をやりきりました」と、笑顔で言って、学舎(まなびや)を巣立っていった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00052334-nksports-ent