20170830-00000006-ykf-000-2-view


 元AKB48の女優、片山陽加(はるか、27)が、9月3日の新潟競馬で馬主デビューすることが分かった。輝く白毛の愛馬ハウナニ(牝2歳、美浦・手塚貴久厩舎)が、ダート1200メートル新馬戦に内田博幸騎手で挑む。

 夕刊フジでのダービー予想歴もある片山は、シルクホースクラブ所属のハウナニをカタログなどで見て、ひと目惚れ。昨年、晴れて一口馬主になった(募集価格は一口5万円×500口で計2500万円)。

 「人気が高く抽選になりましたが、何とか一口をゲット。愛らしい白毛で、牝馬の割に筋肉もムキムキ。アイドルホースの枠に入れるオーラと愛嬌を感じました」

 実は、馬名募集の際にはこんなアイデアも。「お母さんの名前がユキチャンだし、AKBで柏木由紀ちゃんと同期だったので、“ユキリン”で応募しました。落選してしまいましたが、ハワイ語で“美しい雪”のハウナニも可愛いですよね」

 母のユキチャンは白毛馬初の重賞ウイナー。父は国内外でGIを6勝したJRA年度代表馬ロードカナロア。単なるアイドル以上の飛躍も期待できるだろう。

 「ユキチャンや、おばさんのブチコも挑んだ芝で活躍する姿も見たいし、このお父さんなら可能だと思います。初戦は絶対に勝ってほしいな。もちろん新潟で目いっぱい応援してきます」

 目指すは来春のGI桜花賞だ!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000006-ykf-ent