0h






HKT48の指原莉乃がプロデュースを手掛けるアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」のメジャーデビューシングル「=LOVE」(9月6日)に収録される3曲が17日、AKB48のオールナイトニッポン(ニッポン放送・深夜1時~)にて解禁され、話題をよんでいる。


“=LOVE”は、「代々木アニメーション学院Presents 指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション」で平均年齢16.7歳の厳しい選考を勝ち抜いたアイドル。「アイドルとは、ファンに愛されなければいけない。そしてアイドルという仕事も自分が愛さなければいけない。アイドルはラブである。」が、グループ名の由来となっている。

デビュー曲が解禁

今月5日、お台場・青海周辺で「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」にてメジャーデビューを発表した同グループ。

番組には指原が出演し、デビュー曲で指原が作詞を手掛けた楽曲「=LOVE」(リードボーカル: 髙松瞳)、「記憶のどこかで」(リードボーカル:諸橋沙夏、野口衣織)、「スタート!」の3曲が初解禁された。

深夜ながら、“イコラブ”がトレンド入りしつつ、ファンは「良い曲!」「ライブでかなり盛り上がれそうな曲」「王道アイドルソング」「記憶のどこかでが往年のアニソンテイストで好き!!!」「余韻が凄い」「さっしーの作詞のセンスが最高」と反響を寄せている。

また、「スタート!」の振り付けをHKT48の本村碧唯が担当していることから「早くみたい!」「HKTとイコラブの交流が増えるのかな?楽しみ!」「さっしーもあおいちゃんもすごい」「スタートが耳に残る曲で好き!」などの声も。


続き・全文はこちら
https://mdpr.jp/music/detail/1707689