ぱるるひよっこ11


女優の有村架純がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の第20週「さて、問題です」が、14日~19日に放送される。 (略)


みね子(有村架純)の乙女寮時代の仲間・豊子(藤野涼子)の呼びかけで、乙女たちが「あかね荘」に集まることに。

愛子(和久井映見)や時子(佐久間由衣)と待っていると、幸子(小島藤子)と澄子(松本穂香)、豊子が訪ねてくる。突然「テレビを借りてもいいですか」と愛子に頼む豊子。テレビをつけると、豊子がクイズ番組に出場していて、みね子たちは驚く。秋田にいる優子(八木優希)も画面を見守るなか、豊子は順調に勝ち進んでいって…。

数日後、いつものように仕事を終えたみね子を、由香(島崎遥香)が待っていた。話があるらしく、バー「月時計」へ連れて行かれるみね子。そこに時子と早苗(シシド・カフカ)も合流し、気がつけばそれぞれが抱える問題を考える“月時計会議”が始まっていた。

みね子は、恋人だった島谷(竹内涼真)との話を由香に蒸し返されて腹が立つが、なぜ島谷との別れを選んだのか、その理由を初めて打ち明ける。

それから話題は「由香(島崎遥香)の生き方」に。なぜ鈴子(宮本信子)と省吾(佐々木蔵之介)に反抗するようになったのか、由香はみね子たちに本音を語り始める。

続き・全文はこちら
https://mdpr.jp/tv/detail/1706157