20170812-00000312-oric-000-7-view


 9月24日に開催される『AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017』(愛知・日本ガイシホール)本戦出場をかけた予備選が12日、千葉・幕張メッセで行われ、HKT48/STU48の指原莉乃が、AKB48に所属していた2011年以来6年ぶりに本戦出場を決めた。

 2010年に始まったじゃんけん大会はこれまで個人戦で行われ、AKB48の正規メンバーは自動的に本戦進出、チーム8と研究生および姉妹グループは予備選トーナメントで勝利したメンバーのみが本戦に出場していたが、8回目を迎える今回、大幅に出場枠を刷新。グループ、先輩・後輩の垣根を超えてメンバー同士が自由にユニットを結成(ソロも可)し、全員が予備選から戦うことに。本戦で優勝すると、そのユニットでメジャーデビューが約束されている。

 指原はAKB48の峯岸みなみ、AKB48/NGT48の柏木由紀とともに3人組ユニット「サンコン」としてエントリー。ユニット代表者同士の一発勝負で本戦進出を決めることから、2012年にHKT48へ移籍してから5年連続で予備選敗退している指原は、じゃんけん選抜入りした実績のある峯岸(11年3位)、柏木(12年11位、14年15位)に任せると思いきや、「2人からお願いされたのでやります」とまさかの代表者に名乗りを上げた。

 HKT48の後輩ユニット「みなりおこむ」(今田美奈・深川舞子・清水梨央)の深川と対戦した指原は、2回のあいこを経て勝利し、6年ぶりの本戦出場が決定。しかし、後輩たちの可能性を摘んでしまった気まずさから「ごめん! 勝ってよ…ごめん!」と謝っていた。

 もう一つの注目ユニット、AKB48の横山由依、NMB48の山本彩、HKT48/AKB48の宮脇咲良からなる3人組「はんたんねぇ」は、12年3位、15年7位の実績がある横山を代表者とし、NMB48内木志、STU48佐野遥・森香穂の「ここたるん」に勝利。

 また、16人以上ユニット対決は、チーム8の43人ユニット「Team8」対16期生18人ユニット「16えんぴChu!」の一騎打ちに。両ユニットは事前にじゃんけんを行い、Team8は歌田初夏(愛知県)、16えんぴChu!は田屋美咲が代表者となり、結果、田屋が勝利を収めて大人数ユニット対決を制した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000312-oric-ent