2093216_201706300959661001498770015c

 

 アイドルグループ「AKB48」の元メンバーの篠田麻里子さんと秋元才加さんが、7月スタートの連続ドラマ「脳にスマホが埋められた!」(読売テレビ・日本テレビ)の第3話(20日放送)で共演することが30日、明らかになった。2013年7月に卒業した篠田さんと同年8月に卒業した秋元さんがグループ卒業後にドラマで共演するのは初めて。篠田さんは、主人公と同じアパレル会社の総務課に勤務する栗山五月を演じ、秋元さんはゲストとして、同社に所属する世界的に有名なマラソン選手の本吉佳蓮を演じる。

 収録の合間に篠田さんと秋元さんが取材に応じ、秋元さんは「すごく面白いなと思って受けさせていただきました。グループ内で共演って初めてじゃないですか? タブーではないと思うのですが、避けてきているかもしれないので、先陣を切りました」と笑顔で語った。篠田さんも「才加がいると懐かしく、お芝居していても楽しいです」と話しながら、「大島優子なら避けていたかも(笑い)」とおどけていた。

 2人は、グループ在籍時からの友人でプライベートでも食事を楽しんでいる間柄。


続き・全文はこちら
https://mainichi.jp/articles/20170629/dyo/00m/200/034000c