DC2MT3JVYAE10wb







朝ドラ『ひよっこ』に島崎遥香が登場

島崎が演じるのは、みね子が東京で心の拠り所とする「すずふり亭」の料理長の娘・牧野由香。祖母・鈴子(宮本信子)と父・省吾(佐々木蔵之介)に何かと反抗し、家を出た “跳ねっ返り娘”だ。

12日放送回ではすでに写真で出演していたものの、実際に登場したのはこの日の放送が初。嫌味っぽくみね子に毒づくヒールキャラ・由香が誕生した。


みね子(有村)は、すずふり亭のシェフ・省吾(佐々木)に「届け物をしてほしい」と頼まれる。待ち合わせ場所の喫茶店へ行くと由香(島崎)が待っていた。

由香は、派手なメイク、ヘア、ファッションに身を包み、みね子を見て「貧乏くさい」とバッサリ言い放ち、常にみね子を見下しているような態度。

さらにみね子が頼まれた届け物を渡すと、すぐにカバンにしまい込み、用事が済むと喫茶店での飲食代も支払わずにさっさとその場を去ってしまった。

“ヒール役”島崎遥香の演技に絶賛の声

 初登場シーンから、有村との共演となった島崎。キツイ口調とするどい表情で、いきなり“わがまま娘感”が満載。短いシーンの中でも強烈なインパクトを残した。

放送終了後、ネット上では「ぱるさん女優としての貫禄あるな…」「びっくりした!演技すごい!」「いい感じに嫌なやつ演じてて思わず釘づけになった」「数分だったのに強烈な印象残していった…インパクト強い」「朝の楽しみが増えた」と衝撃を受けた視聴者からの声が続々と上がった。

また会話の中で、由香がみね子を見ながら「こういうのが良かったんだよね、お父さんも…鈴子さんも…」と漏らし、みね子を羨むような複雑な表情を見せる場面も。何か意味ありげで哀愁ただよう島崎の演技に「え、なんか訳ありっぽい…」「今のぱるちゃんの表情いいなあ。ただの悪い子じゃなさそう」「うわあ。ぱるるに惹き込まれた」と絶賛の声が寄せられている。


続き・全文はこちら
https://mdpr.jp/news/detail/1695600