Oricon_2089670_f979_1_s


 30日に人気アイドルグループ・AKB48を卒業する鈴木まりや(25)が24日、都内で行われた映画『いのちあるかぎり 木田俊之物語』の初日舞台あいさつに出席した。

 卒業を直前に控えた鈴木は「アイドルとして17歳から活動して満足のいくところにいけず、夢を諦めかけたときもありました」と赤裸々に回顧。それでも同作の撮影を経て、諦めない姿勢を学んだといい「100歳になっても120歳になっても夢を追い続けていきたい」と前を向いた。

 同作は、筋ジストロフィーの難病と闘いながら車椅子で歌い続ける木田俊之の半生を描く。モデルになった木田も来場し「自分の半生なのに感動してしまいました」と絶賛。安堵したように喜んだ主演の武田知大は「やっとこうして皆さんに届けられて、うれしい気持ちでいっぱいです」と感無量に語った。



http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170424/Oricon_2089670.html