0A1


 

若手メンバーは「卒業の結論が早い」



そして、「今の子たちを見ると『もう卒業しちゃうの?』って思う。いろんな不安はあるだろうけどその結論が早いような気もする。もうちょっと自分が信じた道とかやってほしいと思うけどね」と、卒業発表が相次いでいるAKB48グループメンバーの現状に本音を告白。指原らが「どこが(卒業を決意する)ベストジャッジだと思います?」と尋ねると、「AKBというのはあくまで途中経過。ステップ台」とそもそもの前提を踏まえ、「次の台(仕事)が見えて足がかかったら卒業すべき」と回答。「ほとんどが見えてないからよじ登る階段もないような気がする。もったないなと思う」と例えば女優という夢ならばドラマに1本出演するなど、何か足がかりが見えてから卒業に進むべきだとアドバイスを送った。

続き・全文はこちら
https://mdpr.jp/news/detail/1680214