総選挙2017


 毎年恒例、AKB48グループが新曲の選抜メンバーを決定する「AKB48選抜総選挙」。9回目となる今年は6月17日に沖縄で実施される。メンバーの順位が話題にのぼるなか、ファンによってもたらされる開催地への経済効果はどうなるのか。

 選抜総選挙は例年、数万人規模のファンが“推しメン”の勇姿を見守るべく大移動を繰り広げることから、開催地への航空券や宿泊施設は予約がとれない状態になるほど。加えて、飲食店も大きな恩恵を受けることでも知られる。

 関西大学・宮本勝浩名誉教授は、前回2016年に新潟で開催された「第8回 AKB48選抜総選挙」では、新潟県内で約24億円もの経済効果と試算した。また2015年の福岡開催時の九州への経済効果も17億円超と試算している。

 今回も経済効果に大きな期待がかかる中、主要メンバーであるAKB48・柏木由紀(25)とNMB48・山本彩(23)が3月31日、自身のTwitterで総選挙への不出馬を相次いで表明した。このまさかの事態にTwitterでは、

〈山本さん総選挙出ないなら僕沖縄行かない〉
〈総選挙は沖縄だけどゆきりん出ないから行かない〉
〈沖縄でのAKB48Gの総選挙のライブどうなる?さや姉にゆきりんが総選挙辞退したらライブ出来ないでしょ??ヲタが大幅な減少で売上に超響くから運営どうする?〉

 など、動揺とともにファンが沖縄行きを躊躇している心境が垣間見える。エンタメ系ライターはこう指摘する。

「もともと金銭的な事情から沖縄行きに積極的になれないファンも全国に多くいただけに、今回の人気メンバーの出場辞退は、大きな影響を及ぼすかもしれません。他にも今回は木崎ゆりあ、兒玉遥、柏木と同じ3期生で卒業を発表した田名部生来など辞退者が多い印象です。彼女たちを推しメンにしているファンの動向も無視できません」

当日の沖縄の天候も不安要素のひとつ?

 特に今回の柏木と山本の辞退は、ファンにとって非常に重い意味を持つという。

「柏木は人一倍プロ意識が高いだけでなく後輩思いで、姉妹グループNGT48でも手腕を発揮しています。同時にAKB48を 10年もの間、支えてきた“功労者”でもあり、柏木を慕う若いメンバーも多い。

 山本はNMBとして“絶対的なエース”として取り上げられがちですが、シンガー・ソングライターとしての活動も昨年から開始し、各所で評価も高い。しかも(シンガー・ソングライターは)長年の夢だとも公言している。それぞれ卒業は明言していませんが、今回の辞退によってそれぞれの節目から透けて見える“卒業”に現実味が増してしまい、ファンは複雑な心境なのでは」(前出・エンタメ系ライター、以下「」内同)

 経済効果の不安は2強の不在だけではない。6月17日に開催される沖縄の天候も不安要素のひとつだ。というのも、気象庁によれば沖縄の梅雨明けは平年6月23日ごろとされているためで、懸念したファンたちがTwitterで、

〈総選挙なぁ…迷うけどやっぱ沖縄に行くのは断念かなー旅費が高すぎるだけじゃなくて天候等のリスクも大きい気がするし…〉
〈今年のAKB総選挙見に行く人が沖縄に行ってから天候が荒れて開票が無観客で行われてもチケット代しか戻って来ないし〉

〈最悪、天候によっちゃ現場締め出された上に観れないんでしょ?ハイリスクすぎるわ〉


続き・全文はこちら
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170414-00010001-moneypost-bus_all