0M


女優の前田敦子が歌手の秦基博のニューシングル「Girl」(2017 Another Story Ver.)のミュージックビデオ(以下、MV)に出演。同作で主演を務める前田は、他アーティストのMV出演は今回が初となる。

同楽曲は、2013年にリリースした4thアルバム「Signed POP」に収録されていた楽曲で、6日からスタートする読売テレビ・日本テレビ系 ドラマ「恋がヘタでも生きてます」(毎週木曜23:59~スタート)の主題歌に起用。リカットシングルとして今回リリースされる。

前田敦子主演 ドラマ仕立てのMVでラブストーリー描く

MVはドラマ仕立てとなっており、主人公のボンボンショコラ役には前田。相手役には俳優の藤江琢磨、同僚役に美代を配役した。

前田演じるボンボンショコラは持ち前の妄想癖を利用してSNSで自作のポエムをUPする“自称詩人”。藤江演じる“リプ男”との本屋での出会いと、SNSリプライがきっかけで始まる4年間のラブストーリーが描かれ、場面場面ですれ違いながらも二人の距離感にキュンとする作品になっている。

前田敦子&秦基博が喜び語る

自身の楽曲をのぞくと、MV初出演となった前田は「他の方のMVに出演させて貰える日が来るなんて…自分はもともと歌っている側でもあるので、中々そういう機会ってないかなと思っていたので、一番大好きな秦基博さんのMVに出演というのがすごく嬉しかったです」と感激しきり。

前田を迎えた秦も「まさかそんな事が実現するんだなと思って驚きました。すごく嬉しかったです」と喜び、MVを見た感想を「『Girl』という楽曲にまた新しい一面が加わって、新しいストーリーが生まれて、すごく素敵だなと思いました」と語った。

また、監督・脚本はMVの他、CMフィルムも多数手がける映像クリエーターの島田大介氏が担当した。

https://mdpr.jp/music/detail/1676857