o0800053112242015063

 


まりやぎにチーム4のことを聞く

― 永尾さんといえば…AKB48の“チーム4”というイメージが実は私の中で強いんです…。


永尾:チーム4!(笑)

― 一番伺いたかったのですが、チーム4がなくなった時(※1)の心境はどうだったんですか?当時、突然のことで衝撃的でした。

(※1)2012年8月に開催されたコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」でのグループ組閣にてチーム4は消滅。

永尾:なくなることはみんな薄々感じていたと思います。

― え!!!

永尾:私達自身、そろそろなくなるかもなみたいな…。チーム4はダメだって、みんなが感じてました。まだ先輩方と少ししか関わらないままチーム4が出来てしまったので、AKBと“4”みたいに孤立していたんです。周りも見えず、私達のチームしか見えずでした…。

― 具体的になぜそのように感じていたんですか?

永尾:やっぱりみんなまだ若かったんだと思います。研究生から上がってすぐ、先輩方と対等の立場っていうのが早すぎて、このままじゃダメだなって。

― 結成時にはすでに不安でしたか?

永尾:結成した時は何も考えてなくて(笑)“超嬉しくない?”みたいな。先輩がいないから気使わなくていいとかあるじゃないですか。よっしゃ!みたいな感じでしたけど、やっぱり先輩がいたほうが学ぶんだなって…。

― しかし絶大な支持を得ていたからこそ、消滅にショックを受けてた人が多かったように感じました。

永尾:はい。人気は結構あったとは感じていたのですごくショックではありました。でもファンの方は新しく入った子とかちょっとできない子とかを応援したくなるからであって、私達自身はそんなダンスもちゃんと出来てなかったし、今となってはみんな各チームに行って学んでよかったんじゃないかなと思います。

― では再編成されてチームが変わった後、悔しさをバネにされた感じですか?

永尾:そうですね。あのままだと緩んでるじゃないですけどチーム4だけAKBじゃなかった気がしていて。だから先輩たちが卒業しちゃう前に先輩たちの下で同じグループできてよかったという感じはあります。

― 意識が高かったんですね。以降、新しくまたチーム4ができたじゃないですか。“うわっ…”てなったんですか…?

永尾:新しいチーム4が好きという方も多いと思うけど、私はやっぱり昔のチーム4は最強だったなって思ってます(笑)


http://mdpr.jp/interview/detail/1676529