L2



L1

NMB48の“みおりん”こと市川美織が4日、都内にて開催された「広島レモン・トークショー」に出席。AKB48からの卒業を発表した“ぱるる”こと島崎遥香にエールを送った。

“フレッシュレモンの生みの親”島崎遥香にコメント



市川を一躍有名にしたキャッチコピー「フレッシュレモンになりたいの」の振付は島崎が考案したといい、「ぱるるさんは、フレッシュレモンの生みの親、育ての親と言っても過言ではないくらいお世話になった方なので、すごく寂しい気持ちもあるのです」と本音を告白。

「けれど、ぱるるさんの女優姿とか、外で1人で頑張っていく姿を見て、背中を応援したいなと思います」と笑顔を見せ、「また、ぱるるさんとステージで一緒にできたらいいなと思います。ぱるるさんも、これから“がんばレモン”です!」と、市川流のエールを送った。

ショートヘアの反響は?



これまでツインテールがトレードマークだった市川だが、9月にショートカットへイメチェンしており、「もともと切ってみたいなという願望はあったのですが、キャラのこともあってなかなか踏み出せずにいました」と告白。しかし、同月に「AKB48 45thシングル選抜総選挙」でギリギリ圏外の81位でだったことが分かったことも少なからず影響しているようで、「今年の総選挙は圏外で81位という、おいしいようでおいしくないような順位を頂いたので、それで落ち込みつつ、心機一転、何か頑張ろうかなと思ったときに決断をしまして、髪の毛を切ってみました」と明かした。

続き・全文はこちら
http://mdpr.jp/news/detail/1631570