20160721-00000346-oric-000-1-view


 『“やり過ぎ”サマー』は、9月4日までの期間中ほぼ毎日、AKB48、NMB48、HKT48、NGT48のメンバーが日替わりでライブを行うもの。パーク内の「ステージ14」で行われた初回公演は完売御礼となり、オープニングナンバーの「会いたかった」のイントロとともに、手が届きそうなほど近い距離にメンバーが登場すると、大歓声があがった。

 ヒット曲「ヘビーローテーション」「Everyday、カチューシャ」、新曲「LOVE TRIP」などを惜しみなく披露。代表曲「恋するフォーチュンクッキー」では、エルモ、クッキーモンスターといった人気キャラクターや客席の子どもたちもステージ上に呼ばれ、メンバーと一緒にダンスするなど、家族連れを巻き込んだ演出で大盛り上がりをみせた。

 ライブのフィナーレには、グループ総監督の横山由依が「私たちAKB48グループ選抜はこの夏、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに常駐します! “やりすぎUSJ”で“近すぎ”サマーを楽しみましょう!」と声高らかに『“やり過ぎ”サマー』開幕を宣言。4歳児を連れた大阪在住の女性は「すごく近くまで来てくれて、子どもも踊っているのを見たらすごくうれしかった」と興奮気味に語っていた。

 なお、ステージ14(屋内)で行われる『やり過ぎ!サマーシアター』は1日2~3回、計112回開催。グラマシーパーク(屋外)で行われる『やり過ぎ!サマーLIVE』は期間中、8公演開催。『~サマーLIVE』では、メンバーによるびしょ濡れ演出が予定されている。いずれも出演メンバー、休演日など詳細はUSJの公式サイトで公開される。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000346-oric-ent