o04000267img20121020tiff1


  昨年、結成から10年が経過したAKB48。トップを極めたメンバーから、グループではそこまで輝きを見せることができなかったアイドルまで、“元AKB48”という肩書きを持つ人は多数いるが、卒業後の進路はモデルやタレント、歌手とさまざまだ。そんな中、最もオーソドックスではあるが、厳しい道が“女優”というジャンルだろう。多くの元AKBグループのメンバーたちが卒業後、「女優としてやっていきたい」と明確な意思をみせた。ここでは、女優という仕事に進む彼女たちの活動を検証してみたい。

 「AKB48卒業⇒女優」という流れでまず思い浮かぶのが前田敦子だろう。デビュー前から「演技をしたい」という想いを抱いていたことは今となっては有名だが、AKB48在籍時からドラマや映画には意欲的に出演していた。以前のインタビューでは「1ヶ月平均して20~30本は映画を見る」と映画マニアを公言していたが、女優という仕事への想いの強さは本人の立ち振る舞いからはヒシヒシと伝わる。

 出演作もなかなか渋く、AKB48卒業寸前に公開された『苦役列車』(12年/東映)や『もらとりあむタマ子』(13年/ビターズ・エンド)、『さよなら歌舞伎町』(15年/東京テアトル)らの作品では、非常に“華のない役”を、自身の持つ独特な存在感で見事に演じ切った。前田が大好きだと言っている山下敦弘監督も「普通の役をやるイメージがない」と女優としての引き出しの多さを評価していた。また山下監督をはじめ、廣木隆一監督、堤幸彦監督、最新作『モヒカン故郷に帰る』の沖田修一監督など、映画ファンから評価の高い監督から出演のオファーがあるということも、彼女の女優としての前途が洋々であることを示しているだろう。

 そんな状況に「感謝」を述べる一方で“女優”という仕事に対して謙虚な発言が多い。日プロ大賞で主演女優賞を受賞した際「わたしにと言っていただける役なら、どんな役でもチャレンジした」と満面の笑顔で語っていた。大好きな世界だからこそ“壊したくない”“大切にしたい”という気持ちが感じられる。


全文はこちら
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160419-00010000-realsound-ent