MLXhm




1: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:29:28.71 ID:s680i3YS0
とりあえずじゅりっちゃんを温泉旅行へ誘うわ 

とりあえずな

2: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:30:14.00 ID:h2kSieX50
ビスを舐める

8: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:32:28.09 ID:OhZyVsxX0
ぱるるを
以下自粛

12: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:34:51.63 ID:I/lTMyE20
「嘘やろわてが横山由依になるとかありえへんわ
絶対嘘やわそうやってまた騙す気なんやろ分かってんねんで…(鏡見る)
ってホンマヤン!!」
という一芸をかましてからぐぐたすに変顔投稿する

13: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:35:34.62 ID:R1B+V3hFO
ぱるるに神対応してもらう

16: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:36:37.58 ID:s680i3YS0
ゆきりんに迷惑メール送りつけてみる

19: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:37:22.94 ID:7a1EbY8ti
大島優子の頭をポンポンしてみる

20: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:38:07.19 ID:Fqq7dfCx0
???「そんなことありえませんよね。
人間は朝おきても他の人にはなりませんし、フィクションの中でしかありえない話ですよね。
しっかり自分自身と向き合ってないからこんな現実逃避のような妄想してしまうんじゃないですか?
>>1さん、謝ってください。」

27: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:43:19.26 ID:eacNOGBj0
指原に悪態ついてみる

41: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 20:54:36.48 ID:cyYOs85H0
ぱるるを連れ回す

46: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 21:00:45.70 ID:0FIc0xmA0
鏡見ながら笑顔でにゃんちゅうを確認して高笑いがどんなものか試してみて
とりあえず「ユーキャン!」と高らかに叫んでみる

48: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 21:05:55.81 ID:NTp5LSU10
ここからスタート
no title


52: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 21:15:10.11 ID:ZpjEFv0K0
ぱるるを旅行に誘う

70: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 21:56:32.23 ID:s680i3YS0
やすすにいたずら電話

82: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 22:31:31.56 ID:s680i3YS0
優子お疲れ!とタメ口で話してみる

85: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 22:35:22.02 ID:2Cd2UfbK0

朝起きるといるはずのない猫が
目の前で顔を近づけ鳴いていた。
いるはずのない猫、だが、見た事はある。
一推しのぱるるの親友である
AKB48チームAにしてキャプテンの
横山由依・・・が飼っている猫だ。
たしか名前は『ビス』。
なぜビスがここに?と思いながらも
眠気が襲ってくる。

夢だな。

『にゃー!』
あービスがうるさい。
『にゃー!!起きるんや!』
あー分かった。起きるって。
『はよ起きんかい!このアホ!』

ゆいはんの声だ。ぱるるの夢もまだ
見た事ないのに、ゆいはんが出てくるとは・・・
重い瞼を開け、目に映ったのは
やはりビスだった。

ん?

『体返さんかい!』

ビスが言葉を喋っている。
と、いうよりも頭の中に声が聞こえてくる。
にゃーと口を動かすと同時に、
頭の中に入ってくる声はまぎれもなく
ラジオで良く聞くゆいはんの声。
そして、見慣れない部屋。
女の子らしい・・・とまでは言わない。
女性の服がぶっちらかっている。


「なんだ?どこだここ」

“トゥルル”携帯電話の音が聞こえると
それを手に取り、画面を取る。
ん?

『チームA 高橋朱里』

『あかん!朱里が迎えに来る!
 はよ着替え!』

ビスはやはり日本語を喋っている。
しかもゆいはんと同化しているようだ。
携帯が鳴り止み、スッと画面が暗くなった。
その時に初めて気づいた。
「ゆいはんじゃん」

88: 名無しさん@実況は禁止です 2013/11/18(月) 23:27:22.28 ID:2Cd2UfbK0
スマホに映ったのは、横山由依。
ふぁ~とあくびをすると、ゆいはんもあくびをする。

「・・・!」

「俺じゃん!!どうなってんの?!」

『あんた声聞こえてるやろ!
 うちは横山や、その体の持ち主や!』

いやいや、持ち主ってそりゃ知ってるけど・・・
マジか。って俺はゆいはん?
あのAKB48の横山由依の体が目の前に・・・
さわっ
胸の膨らみを確認しようとすると、
ビスが飛びかかってきた。
『なにしてんねん!この変態!』

「いてて、ごめんなさい!もう触らないから!」

『あっ、うちの体か。傷付けるわけにいかんな』

ピョンとビスは地面に飛び降りる。
『ホンマに入れ替わっとるみたいやな。
 困ったわ・・・』

ビス、いやゆいはんはてくてくと歩きながら
同じところを円を描くように歩いている。
『どうしたらええんや・・・
 仕事休むわけにはいかんし』

ゆいはんは困った様子だったが
内心、俺はちょっと嬉しかった。
憧れのぱるるの親友のゆいはんになれた
という事もあるが、
今までのありきたりな日常にはない、
刺激的な毎日が待っていると思った。
アイドルの日常を体験できる。

しかも横山由依。

とりあえず、こんな時にはこの言葉がふさわしい。
鏡に映る自分の姿を確認。
横山ビスこと、現ゆいはんを確認。
携帯のアドレス帳にあるAKBGのメンバーを確認。
うん。

「ホンマヤン・・・」
元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/akb/1384774168/