CMnAQf7UYAAzmGe


 AKB48の倉持明日香(25)の卒業公演が17日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた。倉持は終始笑顔だったが、公演の最後に本人だけが知らなかったサプライズでメンバーが、倉持自身が作詞を手がけたソロデビュー曲「いつもそばに」を合唱すると、大粒の涙。「大器晩成と言われて育てられてきましたが、いつか大きな花を咲かせられるように頑張りたい」と決意を表明し、8年に及ぶ活動に幕を下ろした。

 4期生として加入した倉持は、先輩からも後輩からも愛され、慕われた。それを証明するように、先輩にあたる3期生の渡辺麻友は「歴代のどのチームより、後輩がのびのびできるチームだった。キャプテンのもっちぃ(倉持)がどんな垣根も超え、どんな種族(笑)からも愛されるすばらしい人格の持ち主なので」とその人柄を絶賛。11期生の名取稚菜は「円陣の前にみんなで号泣した。円陣から泣く公演ってあまりない」と明かし、メンバーとファンをホロリとさせていた。

 メンバーは一人ずつ倉持チームBの思い出を振り返り、高橋朱里が「ナイスバディーなメンバーは倉持さんに襲われる」と暴露して笑いを誘うと、派生ユニット「フレンチ・キス」でも一緒に活動した柏木由紀は「もっちぃに襲われる“スキンシップタイム”を一度もされたことがない。あと(公演が)2時間くらいあるので期待して待っていたい」と告白するなど、劇場は笑いと和やかな雰囲気に包まれた。

 卒業セレモニーにはチームBメンバーのほか、同期の中田ちさと、藤江れいな(NMB移籍)も合流。さらに、倉持が研究生からチームKに昇格した当時の先輩にあたる宮澤佐江、梅田彩佳、小林香菜の2期生3人も駆けつけ、倉持を労った。客席では父でプロ野球ロッテの元投手・明氏と母が見守っていたことから、宮澤は駆けつけるなり「アキラー! 卒業おめでとうー!」と絶叫して倉持に抱きつき、大爆笑となった。

 このほか、倉持がかねてより大ファンを公言し、この日第1子女児誕生を発表した元プロレスラー・小橋建太氏からは卒業祝いの花が届き、ロビーに飾られていた。

 キャプテンが卒業した「倉持チームB」は、今月27日に現行公演の千秋楽を迎える。 

CMnARJ7UYAAUXUP


CMnAQf7UYAAzmGe


引用元・全文はこちら→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150817-00000337-oric-ent