sportsx


 AKB48の倉持明日香(25)が18日、サンケイスポーツ紙上でグループからの卒業を宣言した。番組で共演する元プロ野球・ヤクルト監督の古田敦也氏(49)からリーダー論を教わり、チームBキャプテンを経験したことで独り立ちの覚悟を決めたという。

 「SPORTS X」で共演して3年になる古田氏が、卒業を決めた倉持にエールを送った。「キャプテン就任の相談を受けたとき、肩ひじ張らず、他人のやり方を気にせず、わが道を行けば自覚も芽生えてくるという話をしました。今では立派なキャプテンです」とねぎらった。

 倉持のスポーツキャスターとしての適性については「勉強家で努力家。最初からスポーツマインドへの理解もしっかりしていた。VTRを振る場面でも必ず自分の言葉で伝えようとしている」と太鼓判を押し、「番組の主役はあくまでもゲスト出演するアスリートなので、出るところや引くところのバランス感覚がとても重要ですが、よく取れている」と称賛した。

 夢をかなえるための心構えとしては「明確なビジョンを持って、可能性を信じて貫くことが一番だと思います」と金言を贈った。


引用元・全文はこちら→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150719-00000034-sanspo-ent