G10




AKB48の39thシングル『Green Flash』の表題曲ミュージックビデオ、ショートバージョンがYouTube公式チャンネルで公開された。視聴回数は早くも22万を超えており、様々な楽曲への評価や映像への感想が書き込まれている。中には、“ぱるる”こと島崎遥香をフィーチャーしたかのような映像に疑問を感じたファンもいた。 

オープニングで島崎遥香が泣くのをこらえながらもついに涙をこぼす場面は、およそ20秒にわたって映る。その迫力の演技には「泣き顔もいいかもしれないけど、やっぱりぱるちゃんには笑ってほしいです」という感想もあった。中には英語によるコメントで「ぱるるは20秒間映るのに、何故、センターのこじはるが2秒しか映らないのか?」という主旨の疑問があり、それに対して外国語で返信もあった。他にも映像について「さくらたんの演技が上手!」、「Why all member Crying?」、「Don't cry mako-chan」などのコメントが寄せられている。 

楽曲については「ゆきりん推しだからとか関係なく超いい歌ですよね!! 何回でも聴きたくなっちゃうわ~」、「メロディーが好き! めずらしくラップ?的なのも入ってるからめっちゃいい」、「普通に良曲ですね。1回聴いただけで、秋元康の気合を感じることができます。AKB48は“希望的リフレイン”に続く新たな物語の1ページをめくった感じがします」との評価もあった。英語以外にも外国語によるコメントが多く、AKB48のワールドワイドな人気を実感させられる。

今回、公開されたMVはショートバージョンなので川栄李奈のカットが見られないが、あるいは本編では“ぱるる”並みの20秒出演かもしれない。楽曲もMVも好評なAKB48の39thシングル『Green Flash』は3月4日発売。
 


参照元
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/japantechinsight_104068