1409132004


AKB48で、ぽんこつキャラとして知られ、どこかいつも低いテンションの“ぱるる”こと島崎遥香。そんなぱるるが観劇し終わってから「AKB48のファンになりました。どのグループにも負けない」と、熱い感想を書いた!? そんな驚きのミュージカル『AKB49~恋愛禁止条例~』が12日(木)よりアイアシアタートーキョーで上演中だ。

累計330万部を突破した人気コミックを舞台化した、この作品。見どころはなんといっても男子高校生でありながら女装してAKB48に合格してしまった主人公の浦川実(みのり)を、AKB48の2期生、宮澤佐江が男女2役で演じていることだ。

まさに、宮澤はAKB48のなかでもボーイッシュな魅力で人気のメンバー。事前の会見で「もしこの役を自分じゃないコがやったら、すごく悔しかったろうし、この役をもらえて本当にうれしかった」と語り、さらには「こんなに短くしたのは初めて!」と髪をばっさりカット。見た目も浦川になりきった。

髪といえば、SKE48の須田亜香里(あかり)も黒髪を人生初の茶髪に。その意気込みのほどは「アイドル人生で一生染めることはないと思ってました……。髪を染めて、役にも染まりたいと思います!」と力強く宣言するほど。




続きはこちら
週プレNEWS
http://wpb.shueisha.co.jp/2014/09/13/35744/